東部イベント:町に本屋がある風景〜これから〜

走る本屋さん高久書店店主の高木久直さんをお招きして、高木さんの活動を追ったドキュメンタリー動画の視聴と、「実態のある本と書店という場所の魅力」についてお話を伺います。

日時:
10月16日(日)14:00〜(2時間程)
場所:
みんなの図書館さんかく沼津(〒410-0056 静岡県沼津市高島町15−5)
定員:
50名
講師:
高木久直(高久書店 店主)
申込:
申し込みフォーム
参加費:
無料

プロフィール

高木 久直 (たかぎ ひさなお)

1970年静岡県松崎町生まれ。教職を経て、1998年に静岡・戸田書店のフランチャイズ企業に入社し、1年でリブレ菊川店の店長に就任。地元顧客や従業員との対話を重ねて作り上げた書店運営術が注目を集める。戸田書店に出向し、静岡本店勤務や店舗開発業務などを経て2009年よりエリア長を務める。また、2012年にスタートした静岡書店大賞の初代事務局長を務めるなど、書店チェーンの枠を超えた活動にも参加。2016年12月には自前でワゴン車を改装した移動新刊書店「走る本屋さん 高久書店」を立ち上げ、休日等を利用して書店のない地域や学校等を巡回し本を届ける毎日を送る。2019年9月同社退社。

2019年静岡放送SBSテレビ「本の伝道師」は全国ネットでも放送され大きな反響を呼ぶ。2020年2月、初の固定店を掛川市に開店。